Resource〜食材〜

エリオロカンダ

“私たちは、食べたものでできている”

食材

あわただしく、誰もがとてもハードに仕事をしている東京のような都市で生活する人々は、健康管理、少なくとも食べるものに注意を払うことはとても重要です。そこで東日本大震災の後、ワタシ達はオーガニックの食材だけを使おうと決めました。

“We are what we eat”

In a busy city like Tokyo, where everything is hectic and everyone is working so hard, it’s so important to take care of our health, paying attention at least to what we eat. That’s why, after the Fukushima disaster, we decided to use only organic ingredients.

食材

野菜は福岡から、肉は熊本から取ろう。そしてワタシのポリシーである「冷凍した食材は一切使わない。」を実行し、その他の食材も鮮度の高いものを九州方面から入手する!これなら、どの食材も安全なところから来ていること、素材の味が生きているということは保証付きです。

Our vegetables come from Fukuoka, our meat from Kumamoto, and because my policy is not to use any frozen goods, all the other fresh ingredients come from Hokkaido and Okinawa. This gives us the guarantee that all the products come from a safe place and keep their original flavor.

食材

ただし、この理想的な入手経路を考えると、コストが高くなることはわかりきっていましたが、ワタシは、ワタシが自宅のテーブルで家族に食べさせるものと同じものをお客様に提供したいので、それ以外のチョイスはありませんでした。家族の健康を危険にさらすわけにはいかない、お客様や友人も同じです。

Given this peculiarity, the costs are of course higher, but to me there’s no other possible choice, as I want to offer my clients the same food I put every day on the table at home. I wouldn't put my family's health at risk, nor would I put my guests’ and friends` health in jeopardy.

食材

そして、ワタシのチーズ工場“FattoriaBioHokkaido”とサラミ工場“AnticaSalumeria”を始めるにあたっても同様に考えました。そもそもどちらのコンセプトも、当初はワタシのレストランでオールハンドメイドのもの、イタリアの実家で食べているようなものを使いたいというニーズだったわけです。

The same goes for the creation of my cheese factory "Fattoria Bio Hokkaido" and my salami factory "Antica Salumeria." Both concepts originated from my need of offering in my restaurants only handmade food, just as I prepare at home.

ワタシのレストランのお客様は98%が本当にご愛顧くださっている常連さんか友人ですし、産地もわからない食材など使えません。これらのことは、フードビジネスでの成功のための唯一の基本だと思っています。ハッピーになって満足してもらえて、また会いたいと楽しみにしてもらえるために、愛をもってサービスする、それが基本です。

98% of my clients are loyal regulars and friends, so I couldn't possibly offer them food of an uncertain origin. Those are the only basics to a successful food business; it is fundamental to love the people you serve so that they’ll be satisfied and happy to have come and looking forward to visiting you again.

食材 Elio Fishing Blog -食材産地紹介ブログ-