About〜エリオ ロカンダについて〜

エリオロカンダ

エリオ ロカンダの原点

エリオ ロカンダ イタリアーナは、1996年のオープンから今日まで南イタリアの伝統的な料理と、イタリアの笑顔溢れるサービスの姿勢を変わらずお届けしています。

エリオの原点は、カラブリアで13人の子供を育てながらロカンダを経営していた料理の名人、エリオのおばあさんの味とおもてなしの心にあります。久しぶりに故郷の「我が家」に帰った人を迎える家族のあたたかさ、そしてなつかしいマンマの味。お客様が来れば、屋外の大きなテーブルを囲んで家族、親族みんなで迎えて楽しいひと時を過ごす…おばあさんのロカンダは、まさにそんな場所でした。故郷。いつでもあたたかく、心が休まり、ふれあいと笑顔がある場所。

エリオ ロカンダには世界中から「我が家」に帰ってきてくれるお客様がたくさんいらっしゃいます。その方々に「うん、我が家の味だね!」と言っていただくことが自信となり、そして初めてイタリア料理を召し上がるお客様には本場イタリアの味をご提供できているというよろこびとなります。

エリオロカンダ
エリオロカンダ
エリオロカンダ

The roots of Elio Locanda

Since opening in 1996, Elio Locanda Italiana has been constantly striving to offering the best Southern Italian cuisine and genuine Italian service.

The flavour of Elio`s Grandmother Luigina’s cooking in Calabria, at the foot of Italy, and her hospitality: these twin elements form the foundation of Elio’s cuisine. One cannot exist without the other. With 13 children of her own to feed and countless relatives, Grandma Luigina had to be a good cook. She went two better as she evolved into a gourmet chef and ran her very own locanda, local restaurant. You can imagine how the local populace felt whenever they visited this neighborhood establishment. It was like returning home and delighting the flavours of mother’s cooking... Just picture this: families and relatives having the most marvellous time sitting around the big dining table set outdoors. This was how Luigina's locanda was like. A "home" for everyone, a warm place where people can eat to their hearts content, laugh till they cried, embrace each other and feel close to one another.

In the Japan of today many people from around the world have found, and keep coming back to, their own home away from home: Elio Locanda. Elio and his staff feel a certain frisson, and their confidence goes up a notch, whenever customers say, "Yes, this is the taste of home!" And so to those among you who will partake of Italian food for the first time, we promise authentic Italian flavours and a great time. Welcome home!

エリオロカンダ
エリオロカンダ
エリオロカンダ

エリオ ロカンダのこだわり

日本はおいしい肉や魚が豊富で、東京でおいしい食材を調達することは、幸運にもさほど難しいことではありません。流通も確立されているので溢れるほどの材料がありますが、野菜についてはイタリアの味を再現するのに適した野菜を選ばなければなりません。大切なことはその選択にいつでも努力を惜しまないことです。

また、南イタリア独特のスパイスは、日本で手に入るものは多くありません。香りをつけることが最大の目的であるスパイスは非常に重要で、扱いにも細心の注意をはらいます。

そして、イタリアと変わらない味を作り続けることが一番難しいところです。こう言うと驚かれるかもしれませんが、日本風にすることは簡単なのです。手軽に入手できる材料で、日本に住んで、日本のおいしいものをいただいておいしいと感じることに慣れてきているシェフが作っていれば、知らぬ間に日本風イタリアンになってしまうものです。イタリア人であってもイタリアの感覚を忘れないためには、努力が必要です。

ただし、伝統の味というものは、何百年まったく変化していないかといえばそうではありません。気候などの自然環境と、世界的な嗜好の動向などの影響で伝統の味も変わっていくものです。

麹町の店の入り口には、おばあさんのロカンダと同じような階段があります。重い木の扉もおばあさんのロカンダと似たものをつけました。お店の中に足を踏み入れるとイタリアのどこかの町にいる様な雰囲気、そしてお腹をいっぱいにするだけでなくイタリアのPiazza(広場)みたいに、人と人とのふれあいがある場所、笑顔とドラマが生まれる空間でありたいと努めています。スタッフはその町を作り出す演出家です。

エリオロカンダ
エリオロカンダ
エリオロカンダ
エリオロカンダ
エリオロカンダ
エリオロカンダ

Concept of Elio Locanda

Good meats and a dazzling variety of fishes and other types of seafood abound in Tokyo. To everyone’s good fortune, it is easy to find and stock the right cooking ingredients in Japan's capital. The well-established distribution system virtually guarantees the availability of a bounty of fine produce every day. However, finding good vegetables can be a challenge. You simply cannot underestimate the importance of choosing good vegetables when re-creating authentic Italian taste.

One more consideration: you need spices to add flavour to food. And they have to be used properly at the right amount, the right combination, and the right timing. Happily, Southern Italy boasts unique spices that are now available in Japan... but, of course, only at Elio. The biggest challenge of all is to create food with the same taste as in Italy and to do this day in and day out, day after day, consistently. It may surprise you that it doesn’t take a lot to "localize" Italian cuisine.

Chances are, food prepared by a chef who lives in Japan and is accustomed to cooking delicious Japanese food with available ingredients will be serving such cuisine before anyone realises it. Even an Italian cook has to persevere not to forget genuine Italian flavours. You should also be cautioned that “traditional” taste can evolve through the years due to changes in the natural environment and worldwide trends in food and beverage.

Just like in Grandma Luigina’s locanda, there are a couple of stone steps and a heavy wooden door at the entrance to Elio Locanda in Kojimachi. As soon as you step in, you almost instantly feel like you’re somewhere in Italy. Elio Locanda aims not only to satisfy your appetite, but also to have you meet people here who will warm your heart.It will be the beginning of a beautiful story, set somewhere near an Italian piazza, and produced by the staff of Elio Locanda.

エリオロカンダ
エリオロカンダ

エリオロカンダ

エリオロカンダ

エリオの哲学

日本はおいしい肉や魚が豊富で、東京でおいしい食材を調達することは、幸運にもさほど難しいことではありません。流通も確立されているので溢れるほどの材料がありますが、野菜についてはイタリアの味を再現するのに適した野菜を選ばなければなりません。大切なことはその選択にいつでも努力を惜しまないことです。

また、南イタリア独特のスパイスは、日本で手に入るものは多くありません。香りをつけることが最大の目的であるスパイスは非常に重要で、扱いにも細心の注意をはらいます。

そして、イタリアと変わらない味を作り続けることが一番難しいところです。こう言うと驚かれるかもしれませんが、日本風にすることは簡単なのです。手軽に入手できる材料で、日本に住んで、日本のおいしいものをいただいておいしいと感じることに慣れてきているシェフが作っていれば、知らぬ間に日本風イタリアンになってしまうものです。イタリア人であってもイタリアの感覚を忘れないためには、努力が必要です。

ただし、伝統の味というものは、何百年まったく変化していないかといえばそうではありません。気候などの自然環境と、世界的な嗜好の動向などの影響で伝統の味も変わっていくものです。

麹町の店の入り口には、おばあさんのロカンダと同じような階段があります。重い木の扉もおばあさんのロカンダと似たものをつけました。お店の中に足を踏み入れるとイタリアのどこかの町にいる様な雰囲気、そしてお腹をいっぱいにするだけでなくイタリアのPiazza(広場)みたいに、人と人とのふれあいがある場所、笑顔とドラマが生まれる空間でありたいと努めています。スタッフはその町を作り出す演出家です。

エリオロカンダ
エリオロカンダ
エリオロカンダ
エリオロカンダ
エリオロカンダ
エリオロカンダ